「登戸はしご酒」のベーシックな楽しみ方を紹介いたしましょう

知ってる人がいようがいまいが、きっちり綺麗に三枚分のはしご酒をキメたい!


万難を排し、有給を取って行ってまいりました登戸はしご酒

今日ちまちまポータル申請したやつの一部 #川崎市 #読売ランド前 #ingress

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -

登戸着いた。 #登戸はしご酒 #川崎市

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -

登戸はしご酒、当然前売り購入済みです。2100円で三店分のおつまみセットが楽しめます!(当日2400円) #登戸はしご酒 #川崎市

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -


万難を排したわりにingressのポータル申請にうつつを抜かしているのが伺えるおきゃくや公式Instagramをよろしくおねがいします。

 

登戸はしご酒は前売り2100円、当日2400円でおつまみ付きのワンドリンクを3つ楽しめるはしご酒チケットを購入し、参加店舗20店の中から好みの店をチョイスしていく酒飲み垂涎のイベントです。

1軒目は登戸駅ロータリーすぐ、渋さにまみれた居住まいの立ち飲み屋、盛田屋に。はしご酒の日でなくとも、夕方16時から紳士が集い、静かにテレビを見つめてさっと帰る無言の社交場です。普段は券売機方式ですが、イベント当日ははしご酒チケットを提示するとおつまみセットが振る舞われます。この日は「刺身三種盛りと、枝豆と、ドリンク一杯」もしくは「モツ煮込みと、枝豆と、ドリンク一杯」のいずれかをチョイスできました。

これかチケット一枚分。常軌を逸したサービス精神! #川崎市 #登戸はしご酒

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -

【訂正】枝豆も付いてた #登戸はしご酒 #川崎市

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -


刺身盛り合わせに我を失っている様が伺えます。枝豆は山脈を築き上げ、もつ煮は野性味と上品さが入り混じった深い味わい。モツの皮の部分の裏の処理が丁寧ながらも、ジューシーなのです。長居をする場所ではないであろう老舗の風体と、サービス過剰なサービスのギャップに打ちのめされた筆者は、高揚した気持ちを隠せず、チケット分のサーブを満喫して退店しました。


●盛田家

神奈川県川崎市多摩区登戸3402 登戸駅前

TEL:非公開

営業時間 16:00~22:00 日曜営業

定休日 水曜日

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140506/14009374/

盛田屋、モツ煮。 野性味がしっかりしてる。 #川崎市 #登戸はしご酒

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -

駅前ステージ、手品やっとる #川崎市 #登戸はしご酒

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -


小田急線の改札正面から階段を下りて隣、ドトールコーヒーの正面には本イベントのライブステージが設置されております。筆者が通過した際にはステージで金森さんによるマジックショーが開催されておりました。

 

マジックショーをしばし眺めていると、チケット引き替え窓口のはしご酒スタッフから「前売り当日ともにチケット完売」のアナウンス。盛会を祝いながら次の酒席に気もそぞろな一行は小田急線の高架を抜け、パチンコ屋や家系ラーメン屋を抜けてすぐの左手にある「イタリア食堂コルティヴァーレ」へ。

 

はしご酒チケットで選べるメニューは20店の中でも多彩な4種

「パルジャミーノとプロシュート+ドリンク」

「バーニャカウダ+ドリンク」

「もち豚のハーブロースト(バルサミコソース)+ドリンク」

「釜揚げシラスとドライトマトのアヒージョ+ドリンク」

 

めちゃめちゃバル側、バル寄りのラインナップです。


ゆったりした席を確保できたこともあり、盛田屋で胃袋の満足度を得ていたので、生ハムとチーズと白ワインで籠城戦を選択します。

リモンチェッロ飲んでる(食戟のソーマで名前だけ知ってた) #川崎市 #登戸はしご酒

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -


コルティバーレ、レバペ。 #川崎市 #登戸はしご酒

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -

コルティバーレで食べたピザ。ソーセージととブロッコリーだったかな…いまいち細かいこと覚えてないな……。

地域情報化NPOおきゃくや@麻生区多摩区さん(@okyakuya)が投稿した写真 -


赤白問わず無限に飲める軽めのワイン群をデキャンタで。

食後酒からリモンチェッロを。

レバーペーストを。

ブロッコリーとソーセージの爽やかなピザを。


●イタリア食堂コルティヴァーレ


住所 :神奈川県川崎市多摩区登戸3415

TEL:044-930-2070

営業時間:[火~金] 11:00~14:00 17:30~22:30 [日・祝] 11:00~15:00 17:30~21:00

定休日:月曜日

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140506/14052677/

コルティヴァーレの籠城戦は古くからの友人の合流もあり、3時間を超え、空けたデキャンタを数える気力もなくなった頃、コルティヴァーレからもう少しだけ駅を離れ、小さなアーケード街の中にある「登戸おでん」へ河岸を変えました。


チケットでチョイスしたのは「おでん5点盛り+ドリンク」です。こちらのお店は登戸で梅水晶が食べられるという一点のみでも選択すべき、回遊時の候補として記憶に留めておくべきであることを皆様にはご承知いただきたい!サワー類とおでん、梅水晶は何軒目として往訪しても、季節を問わずあなたを癒してくれることでしょう!



●登戸おでん

住所:神奈川県川崎市多摩区登戸3414

TEL:044-900-4001

営業時間:17:00~24:00

定休日:日曜日

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140506/14044926/

結びに

べろべろになってせっかくの3店目の写真が全然撮れていないけど、出汁の優しさだけがやたら記憶に強く残っている、みたいな。登戸はしご酒の参加店は大小さまざまな規模なので、大人数で巡ると選択肢が自然と限られてしまいます。楽しい事は楽しいけれども、もしチケットをきっかけにいろいろなお店にトライしたいのであれば、2~3人で潜入して、おすすめのはしご酒セットをシェアする事で、お店一押しのラインナップを知って、堪能することをお勧めいたします。


4ヶ月に一度開催される登戸はしご酒、次回は7月開催が予定されています。チケット完売と注目度が高まりつつある状況ですので、次回参加を検討される方は早めに前売り券を購入されたし。


なおingressプレイヤーなのにはしご探検に主眼を置きすぎた結果、せっかくの全国的にも珍しい試みであるリアルミッション報酬キャンペーンには参加しそこねた模様。


Naverまとめも作りました。こちらもよろしくおねがいします!

http://matome.naver.jp/odai/2142608253441142801